困窮世帯の中3にボランティアが「塾」…滋賀

日野や愛荘など滋賀県内の六つの町で、生活保護を受けたり、生活が困窮したりしている世帯の子どもの学習を支援する取り組みを、県が始める。

学校の放課後に、学生や教員OBなどのボランティアが塾のように勉強を教えるイメージという。大津市や彦根市などすでに同様の支援を始めている自治体もある。

読売新聞記事
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20140227-OYT8T00361.htm